火曜日, 5月 21, 2024
ホーム転職・求人安宅 和人(あたか かずと)

安宅 和人(あたか かずと)

Twitter
https://twitter.com/kaz_ataka

はてなブックマーク
https://kaz-ataka.hatenablog.com/

安宅 和人(あたか かずと、1968年 – ) は、富山県出身の日本の情報学者・脳科学者。慶應義塾大学環境情報学部教授。

データサイエンティスト協会理事・スキル定義委員長。一般社団法人「残すに値する未来」代表。イェール大学脳神経科学PhD。

来歴[編集]

東京大学大学院生物化学専攻にて修士課程を修了し、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社した[1]

4年半の勤務後、イェール大学脳神経科学プログラムに入学[1]

2001年春、学位を取得する(Ph.D.)[1]

ポスドクを経て2001年末にマッキンゼー復帰に伴い帰国した[1]

2008年からヤフーに入社し、2012年よりCSOを務めている[1]

2016年より慶應義塾SFCで教えている[1]

2022年よりZホールディングスのシニアストラテジストを務める。全社横断的な戦略課題の解決、事業開発に加え、途中データ及び研究開発部門も統括する[1]

学外ではデータサイエンティスト協会理事のほか、総合科学技術イノベーション会議(CSTI)専門委員、内閣府デジタル防災未来構想チーム座長、教育未来創造会議委員、新AI戦略検討会議委員等の公職を歴任した[1]

SFCでの授業、「データ・ドリブン社会の創発と戦略」の生徒の反応は、「大学に入って一番成長できたと感じることのできる講義でした」「これは間違いなく1年生の春にデータサイエンス科目として全員が必修でとるべき内容の講義で、もっと早くこの講義が実現していれば…と思いました」など、非常に好評のようだ。[2]

nobuhiro
nobuhirohttp://ai.krgo.jp
AI LABのなかの人です。 様々な生成系AIを中心しつつ、データや気になった情報を更新していきます。
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments