火曜日, 5月 21, 2024
ホームAI紹介2023年版: 革新的なAI動画編集ツールトップ5を徹底解説!

2023年版: 革新的なAI動画編集ツールトップ5を徹底解説!

動画生成AIツールは、AI技術を活用して動画コンテンツを自動生成するシステムで、複数のフレームを連結して動画を作成したり、既存の動画を編集したり、新たな動画を完全に作り出すことができます。現在、以下のようなツールが人気を集めています:

Runway

Runway

https://runwayml.com/

「Runway」は、特にデザイナー、アーティスト、映像制作者向けに設計されたユーザーフレンドリーなAIツールキットです。直感的なインターフェースでコーディング経験がなくてもAIを活用でき、リアルタイムプレビューで作業効率を上げることができます​1​。主な機能には、テキストから動画を生成する「Gen-2」や既存の動画から新しい動画を生成する「Gen-1」があり、Gen-1の使用は秒数あたり$0.14という料金設定になっています​2​​3​。

さらに、ユーザーは独自のAIモデルをトレーニングする機能や、テキストから画像、画像から画像を生成するツールも利用可能です。これらの機能はクレジットシステムを用いた課金が必要で、例えば「Text to Image」機能では、生成に5クレジット(1クレジット=0.01ドル)かかります​4​​5​。

一方で、ディープラーニングを駆使して画像の一部を拡大する「Expand Image」や、画像からアニメーションを生成する「Frame Interpolation」などの特殊な機能も搭載しており、クリエイティブな表現の幅を広げます​6​。

KaiBer

KaiBer

https://kaiber.ai/

KaiBerは、画像から動画を生成する有料サービスで、CGやアニメーションに特化しています。Linkin Parkのミュージックビデオ制作で使用されたことで知られており、クリエイティブなビジュアル表現を求めるユーザーに適しています​1​。

  • 画像から動的な動画を生成する技術を活用し、特定の要素に動きやアニメーションを追加して、リアルタイムの自然な動きを再現することができます​1​。
  • AIを用いて、アップロードされた画像の内容を解析し、それに基づいて動画を自動生成するため、従来の動画制作ツールでは考えられなかった柔軟で多様な動画制作が可能です​2​。
  • 複雑で時間がかかる動画制作プロセスを劇的に簡略化し、直感的なインターフェースを通じて高品質な動画を手軽に作成できます​3​。

短所に関する具体的な情報は見つかりませんでしたが、一般的にAIツールは初期設定や学習曲線が必要であり、高度な機能を利用するためには、追加の料金がかかる可能性があります。また、生成した動画のクオリティがユーザーの期待に必ずしも合致するとは限らない可能性も考慮する必要があります。

Synthesia

Synthesia

https://www.synthesia.io/

Synthesiaは、テキストを話すAIアバターを活用できるサービスで、人の撮影や録音が不要になるため、コンテンツ制作の手間を大幅に削減できます。現在は日本語には対応していませんが、グローバルなコンテンツ制作において便利なツールです​1​。

2short.ai

このツールは、YouTubeにある動画から自動で必要な部分を切り抜き、編集することができます。手軽さが求められる環境において、迅速なコンテンツ制作を実現します​2​。

  • リアルなAIアバターを作成でき、生成される音声も精巧です​1​。
  • インターフェースが使いやすく、習得にかかる時間を節約できます​1​。
  • 日本語を含む75以上の言語に対応しており、多言語での動画作成が可能です​1​。

短所としては、以下の点が挙げられます:

  • 月間の動画作成本数に制限があり、最大で10本までとなっているため、一部のユーザーには制限が厳しいと感じられる可能性があります​2​。
Video Brain

Video Brain

https://video-b.com/

Video Brainは、日本の法人向けに提供されている動画編集クラウドサービスで、ChatGPTのような会話型AIを活用した編集が可能です。これにより、動画の編集過程において新たな可能性を提供しています​3​。

Video Brainの長所は以下の通りです:

  • クラウド型であり、誰もが簡単に動画制作・編集が可能​1​。
  • 動画自動生成ソフト市場で3年連続法人シェアNo.1を獲得​1​。
  • 豊富な動画素材やテンプレートが用意されており、素早く高品質な動画が制作可能​2​。
  • 月額定額制で、動画の制作本数に制限がないためコストパフォーマンスが良い​3​。
  • SNSでの投稿分析ツール「Insight BRAIN」により、マーケティング分析が可能​3​。

これらのツールは、各々異なる特色と機能を持ち、企業や個人のニーズに応じて選択できる幅広いオプションがあります。実際の利用シナリオや目的に合わせて、これらのツールをうまく活用することで、効率的かつ創造的な動画制作が可能になります​4​。各ツールのさらなる詳細や機能については、公式サイトやサービスの文書を参照してください。

nobuhiro
nobuhirohttp://ai.krgo.jp
AI LABのなかの人です。 様々な生成系AIを中心しつつ、データや気になった情報を更新していきます。
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments